• 佐伯樹木医事務所では、樹木の効用を伝え、樹木に関するご相談に対応します。

樹液採取

今年もメープルシロップのシーズンが来ました。

暖冬の影響でいつどれくらい樹液が採取できる予想できなかったので、借用している里山に出向き試して見ました。

今日は、新港の森観察会で助勢してもらっているOさんに手伝ってもらいました。

「クマ出没中」の看板
斜面にあるイタヤカエデ
落ち葉で確認
斜面をちょっと登る
タンクがずれない様にナイロンひもで固定
樹勢が良好なのでタンク1ケに
10mmチューブ2本セット

ドリルで20mm開けただけで透明チューブに樹液がにじみでできました。1週間で10リットルは採取できると予想しました。私の経験からすると、今日の出具合は例年であれば2月末の状態だと思います。暖冬の影響で早く樹液が出たのではないかと思います。

本日はイタヤカエデに3本、オニグルミに1本のタンクを設置しました。

Oさんにイタヤカエデとオニグルミを味見してもらったところイタヤカエデの方が甘かったそうです。

コメントを残す