2月12日富山市役所で令和2年度松川さくらサポート勉強会に参加しました。

日本樹木医会富山県支部 山本樹木医の「さくらの樹勢回復のための土壌改良」屋外研修

カンホウライト(微生物のエサになるもの)、エコタン(パルプスラッジ炭化品で微生物の住処になるもの)、山海の恵(有機物配合の土壌改良剤)、ハイコントロール700(700日かけて溶出する化学肥料)、リンサングアノ(コウモリの糞、リン酸と腐植酸の含有率が高い)を混合

根を痛めないようにエアースコップで約20cm土壌を堀り、土壌改良剤を混ぜる
サクラの幹まわりに鉄棒で穴をあけ、「山海の恵」を埋め込む。
日本樹木医会富山県支部 松島樹木医による「サクラの健康状態のチェック方法」講義

その後日本樹木医会富山県支部の西村樹木医による「さくらの健康診断の方法」の講義がありました。アメリカシロヒトリの誘引トラップ調査内容が興味深かった。

カテゴリー: 報告樹木医

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder